マンション売却の際、内覧依頼で居住中の場合にできること・心構え

マンション売却 内覧 居住中
マンション売却時の内覧って、購入してもらうためには必要なことだとはいえ、他人に自分の家を見られるのはいい気はしませんよね。

でも、数千万円もするマンションを購入してもらうためには、どういう物件なのか?日当たりは?景色は?水回りは?やっぱり実物を見ないと購入する訳にもいかないことはわかっている。

あなたのマンションを購入してもらうために、内覧希望時に居住中のあなたができること、心がけることをお伝えします。

マンション売却時、内覧依頼があり居住中の場合の心構え

居住中の心構えについては、他の記事に詳しく記載されているので、詳細はそちらに任せるとして、心構えとして大切なことは、以下の2つ。

1.しっかり整理整頓をしておく

自分がマンションを購入するとして、どういうところを見たいのか、考えてみましょう。
全体のイメージも大切です。

きれいに使われている部屋は、内覧者にもすぐにわかります。
大切に使われている部屋だというだけで購入意欲は高まります。

すべての部屋が整理整頓されているといいです。

2.その日は都合が悪いなど機会損失をしない

マンション売却のチャンスは、意外と少ないものです。
このマンションは最高だし、利便性もいいし、部屋も景色もいいと思っているのは、売り主だけだったりします。

購入者は、いろいろなマンションを見ることができて、あなたのマンションはその選択肢の1つにすぎません。

その日は、どうしても無理というときも、不動産会社の人にお願いして、内覧してもらうくらいの気構えが大切だと思います。

マンションの売却に絶対必要な手続きである内覧。この内覧希望があって部屋をみてもらってこそマンション売却に繋がります。この記事では、マンション売却に必要な内覧を成功に収めるべく内覧のコツや注意点などを経験をもとに説明しています。

マンション売却時の内覧希望者への対応で心がけること

淡々と笑顔で対応

マンション売却 内覧 居住中
私がマンションを売る時の内覧者は、積極的に質問をされる方はあまりいませんでした。

でも、聞かれる方はいらっしゃって「上の階の振動とかどうですか?」とか「買い物は便利ですか?」など聞かれました。

もちろん、親切にお答えするのですが、あまり積極的に「買って!」オーラを出すのは、返って内覧者に「あまり内覧希望者がいないのかな?」など足元をみられてしまうことになりかねません。

人として当然ですが、威圧的な態度、絶対買わせてやる!という態度も、内覧者の購入意思を削ぐ行為になるので注意して下さい。

淡々と明るく質問されたことだけにお答えする!というスタンスがいいようです。

内覧希望の方には、聞かれたことを明るく淡々とお答えしよう!

前向きな売却理由を考えておく

「なぜ、このマンションを手放すんですか?」と直接聞かれたことはありませんが、購入者側からすると、なんで売り出すんだろう?なにか良くないところがあるのか?
近所に変な人が住んでいるのか?など売却理由を知りたいという内覧希望の方もいらっしゃいます。

私の場合は、不動産会社の担当者の方とその点も事前に話をしておきましたので、内覧希望の方が、担当者の方に聞かれたときも、マイナスイメージなく説明していただけたようです。

売却理由が、「どうも病気がちになる」とか「買い物が不便だ」とか「エレベータが全然来ない」などのマイナスのイメージで売却を検討されている方は、言い方を考えて前向きな表現に変えるようにしましょう。

「転勤になったから」とか「家族が増えるので」など後ろ向きではない前向きな理由を用意して不動産会社の担当の方に伝えておくようにしましょう。

売却理由は、前向きな表現で!

マンション売却時の内覧希望者と会いたくない場合、また毎回整理整頓するのが嫌な場合の対応方法

オープンハウスにして、一日中外出しておく

私のマンション売却時は、2回ともちょっと遠い場所の方が購入されたのですが、不動産会社の担当の方のお話では、不動産って結構近場の方が買っていかれるそうです。

具体的に、不動産会社に連絡して購入ということではなく、「ちょっと折込の広告を見て・・・」、「ちょっと散歩していたら、オープンハウスですごく気に入っちゃって!」など、前々からその地域・エリアが気に入っていた方が買っていくケースが多々あるそうです。

ですから、オープンハウスというのは非常に有益な営業手法だそうです。

今は、インターネットからの買い手ばかりかと思っていたら、そうでもないんだなーと思った記憶があります。

まずは、気軽に部屋を見てもらうことが大切です。

知らない人がたくさん入ってきて、自分の部屋をジロジロ見られるのが嫌という人は、一日中部屋にいる必要はありません。

私の場合も、担当者に鍵を預けて、一日中外出していました。

その際、見てもらった方に担当者が感触などを分析することで、早期のマンション売却にも繋がるというのです。

家にいなくてもたくさんの方に見ていただける、効果的な営業方法ですので、ぜひ活用してください。

思い切って引っ越してしまう

実は、あらゆるマンション売却のストレスを一掃する方法が、引っ越しをしてしまうことだと思っています。

マンション売却時のストレス

内覧希望時の部屋の整理整頓と他人に見られるストレス

これは、本当に嫌でした。

明日は、朝8時に内覧希望、明後日は、夕方16時から、土日はどちらも朝に1件ずつというふうに内覧予定があると、掃除をすることも大変ですが、ずっと落ち着かないというストレスがかかり続けます。

全く気にならない方もいると思うので、これは性格にもよると思いますが、私は、気にしちゃうタイプなので、とてもストレスがかかっていたことを思い出します。

売りたいののに売れないというストレス

早く売りたいと思っているのに、多少金額を落としても売れない!となると、さらにストレスがかかります。

担当者がきちんと営業してくれていないからじゃないかと他人を恨むことにもなってしまいます。

このようなストレスを一掃する方法が、先に引っ越してしまうということです。

もちろん、金銭的な問題など先に引っ越してしまうことができない方も多いでしょう。

でも、物理的に可能なら、先に引っ越してしまうことは、マンションの早期売却にも、高値売却にも寄与すると思っています。

マンション売却時、先に引越すことのメリット

購入者側のメリット
1.何もない部屋はきれいに見えますし、部屋も広く見える

これは、想像すればわかると思います。
何もない部屋は、広く見えます。

2.今ある部屋のイメージがないため、自分のイメージで部屋を想像できる

荷物や家具が置かれている部屋では、なかなか自分が購入した後のイメージができないものです。
しかし、何も持ち物がなければ、すぐに部屋に引っ越せますし、自分の購入後のイメージが付きやすいです。

売り主側のメリット
1.内覧の億劫さから解放される

今まで話してきたとおりですが、内覧のためのストレスから解放されます。

2.マンションをじっくり売れる

早く売りたいからと言って、必要以上に安くしたりする必要がなくなります。
悪質な買主も排除でき、いい事ずくめです。

もちろん、金銭問題、ローンがまだ残っている場合などデメリットもありますが、マンションを売るという観点では、まちがいなく有益な手段です。

マンション売却を考えたら、まずは相場を確認

【管理人も利用】ここでマンション売却の一括査定をしました!

マンション売却 コツ

HOME4Uは、簡単1分の入力で全国の不動産会社から一括で査定を行ってくれます。

もちろん、費用は無料!厳選された優良企業のみが参加しているので安心です。

マンション売却 コツ

HOME4U公式サイトはこちら