マンションを高値売却するための8つの注意点を伝授!

シェアする

マンション高く売る注意点・コツ
どうやったら高値でマンションを売却できるのか、転勤や退職により2度のマンション売却を経験してわかったマンション高値売却のポイントを見やすく8つにまとめました。

「マンションを手放すことにしたけど・・・」

「まずは何から始めればいいの?」

「できるだけ高値で売りたい!!」

お世話になった自分の戸建て、マンション、不動産を高く売りたいと思うのは、誰もが共通の願いです。この記事が、後悔のない高値でのマンション売却の糸口になれば嬉しいです!

【管理人も利用】ここでマンション売却の一括査定をしました!

マンション高く売る注意点・コツ

HOME4Uは、簡単1分の入力で全国の不動産会社から一括で査定を行ってくれます。

もちろん、費用は無料!厳選された優良企業のみが参加しているので安心です。

マンション高く売る注意点・コツHOME4U公式サイトはこちら

マンションを高く売却する注意1

査定価格を鵜呑みにしない

マンション高く売る注意点・コツ
査定というと、不動産のほかにも車の査定や中古品の査定を思い浮かべます。でも、不動産の査定と、車の査定や中古品の査定は全く別物であることを知ってください。

何が全然違うのかというと、その査定額を支払う人が違います。
これは、本当に根本的な問題であり、非常に重要な論点なのです

例えば、あなたの車の査定額が100万円だったとします。もう少し上乗せをお願いして、110万円で話がついたとします。
そうすると、店の人は、査定額110万円をあなたに支払います。つまり、車の場合、店の査定を出す方は、自分が支払う金額なので、査定額を表示することに責任があるのです。

ブランド品や中古本にしても同じです。
査定が済んだら、査定額が売る人に知らされ、売る人が納得すればその査定額を払って契約完了ですね。

しかし、不動産の場合は、あなたの不動産(マンション・戸建て)に5000万円の査定額が出たとします。他の不動産会社にも聞き取りし、駄々をこねて、その不動産(マンション・戸建て)に5500万円の査定額を得たとします。
でも、査定額が上がったから、駄々をこねてラッキー!!というわけにはいかないところが、車や他の中古品と根本的に違うところです。

何が違うかというと、もうおわかりだと思いますが、不動産における査定額5500万円は、不動産会社が5500万円くらいで売れるかもしれませんよ。と言うレベルの査定額であって、彼ら不動産会社がその不動産を買うわけではないので、査定額に一切責任がないのです。

つまり、不動産会社を決める際に、高く見積もってくれた会社で決めよう!というのは、全くのナンセンスです。
高い査定額がでたからと言って、その値段で売れる保証は一切ありません。あくまで買う人は、査定をした不動産会社ではなく、その不動産がほしいと思ってくれる買い手なのですから

彼らは、契約を取るためには、高めの査定額を出して喜ばせて、契約を取ろうとするだけです。
ですから、決して、悪徳業者というわけではないのですが、査定額の大小で不動産会社を選ぶのだけはやめてくださいね。

不動産会社というのは、売り物の不動産・マンションがないと、実は、仕事が成り立ちません。
だから、こんなチラシをみますよね!
「大至急!あなたのマンションを欲しがっている方がいます!」という広告を。

これは、とにもかくにも売るための不動産マンションがないと、仲介手数料を取ることができないので、なんとかして売るための物件を必要としているといういい例だといえますね!

とはいえ、不動産会社を敵視しても仕方がありません。
マンションを売るには、不動産会社の協力が絶対に必要ですからね。

おすすめ不動産一括査定サイト

HOME4U

マンション高く売る注意点・コツ

HOME4Uの強み・特徴
大手から地域密着企業までの厳選された全国900社の比較ができる
査定件数累計30万件突破、実績17年の安全安心!
2001年に日本初の不動産一括査定サービスを開始した実績
悪徳会社を徹底排除
自分で査定を依頼する会社を最大6社選べる!そしてその企業以外からの連絡はなし
上場企業だからこその情報管理の徹底

HOME4U公式サイトはこちら

イエイ

マンション高く売る注意点・コツ width=

イエイの強み・特徴
2007年に誕生した日本最大級のマッチングサイト
1000社以上の厳選会社から選んで査定を依頼できる
最短60秒で査定依頼可能
簡単に査定額を比較できる
悪徳企業を徹底排除しているので安心
イエイ自身の中立な立場の不動産売却のサポートスタッフを常駐

イエイ公式サイトはこちら

イエウール

マンション高く売る注意点・コツ

イエウールの強み・特徴
簡単60秒で一括査定が可能
提携不動産会社が1400社と最大級
最大6社の査定額を比較できる
クレームの多い不動産会社を徹底排除
提携している不動産会社の一覧がわかる

イエウール公式サイトはこちら

なぜHOME4Uを選んだのか?

私が、マンションを売却した当時は、HOME4Uが断トツの実績があったからです。
2001年から一括査定のサービスを開始していましたから、やはり安心感を選んだという感じです。

また、その当時は、HOME4Uは、不動産会社からの連絡をメールだけにして下さい!というお願いができました。

私の1回目のマンション売却の際は、一括査定のボタンを押した後1分もしないで、不動産会社から連絡が来、終わるとまたすぐに次の不動産会社から連絡が来るという状態でした。

さすがに、2件不動産会社から連絡が来た後は、携帯電話の電源を切りました。

当時は、まだ、6社を自分で選べるというサービスがなかったので、次から次と不動産会社から連絡が来ると言う感じでしたね。

なので、2回目の売却の際は、電話NGメールだけで連絡がもらえるという依頼ができるサービスがあるHOME4Uで一括査定をしてもらったわけです。

なので、現在は、おすすめで記載した3社の一括査定サイトであれば、どこでも問題無いと思います。

査定サイト簡単比較表

HOME4U
イエイ
イエウール
提携社数
約900社
提携社数
約1,000社
提携社数
約1,400社
年利用者
400万人
年利用者
400万人
年利用者
不明
実績
16年
実績
10年
実績
4年
運営会社
株式会社NTT DATA
運営会社
セカイエ株式会社
運営会社
株式会社Speee
強み
日本初の不動産一括査定システムを開始した実績と安心感
強み
不動産会社に断りの代行を行ってくれるなど細やかなサービスが充実
強み
急成長した一括査定サイト。他ジャンルの一括査定サイトも有名
公式サイトへ
公式サイトへ
公式サイトへ

私の経験談

私の2回目の売却の際の段取りを細かく説明したいと思います。

私の場合、一括査定サイトで複数社からの連絡を頂いて、会社が休みの土曜日と日曜日に訪問して頂けるように時間割を作って段取りをしました。
土曜日3社、日曜日3社、合計6社に来ていただきました。

結構6社に来てもらうと大変で、念のため1時間とって、休憩30分をとって次の会社という風にしましたが、1時間30分では終わらず、次の不動産会社が来てしまったということもあり、大変でした。。。

1時間の間に、ネットに記入した条件だけでなく、部屋の状況、景色などなど見られて、査定額と売却の展望などの話を聞く感じでした。

このタイミングで、査定額の確認現状の不動産市況担当者との相性売却の手段をチェックすると良いと思います。

その6社には、大手の不動産会社だけでなく、聞いたことのない小さな不動産会社もわざと含めました。

大手、大手、大手、準大手、準大手、小さな会社の6社です。

その中で、大手と言われる不動産会社の人は、高飛車、誠意が無いという印象もあり、最終的には準大手の不動産会社を選びました。

選んだ決め手は、人柄と営業方針でした。

不動産会社の担当者とは、今後も販売の方法、現在のオファーの状況、インターネット掲載の閲覧状況など、頻繁にやり取りすることになります。
もちろん、家に報告にいらっしゃいます。

合わない担当者が、家に来られるのは嫌ですよね。
もちろん、近くのカフェ等があれば、そこで進捗状況を聞くこともできますが、どちらにしてもどうせなら自分に合う担当者の方がいいに決まっています。

なので、大手ではなく準大手を選びました。

本当に営業担当の方とは馬があって、家に2週間毎に現在のsuumoなどのインターネットの閲覧状況、問い合わせの状況などを報告に来ていただきましたが、人柄が良いので全く苦になりませんでした。

また、不動産会社の得意分野も事前にしっかり把握しておきましょう。

その会社のホームページを見れば、賃貸を多く取り扱っている会社なのか、売却を取り扱っている会社なのかは、すぐにわかります。

一括査定で選ばれた会社なら、大抵は、売却実績のある会社がほとんどなので、心配する必要はあまりありませんが、少なくともその不動産会社のホームページは事前にチェックしておいたほうがいいです。

後述しますが、ここで査定額が高いからとか、マンションをとても良く評価してくれたとか、そういったことで契約する不動産会社を決めないようにしましょうね。

マンションを高く売却する注意2

売却実績があり、かつ相性の合う担当者がいる会社と契約する

マンション高く売る注意点・コツ
不動産会社は、得意分野が違います。売却に強みがある会社、賃貸付けに強みがある会社、これから強みを作ろうとしている会社など様々です。

また、担当者も自分に合う人もいれば、なんとなく合わなそうな人もいます。つまり、会社もその会社の担当者も千差万別ですので、マンションを売却しようと思っているのであれば、マンションの売却に実績がある会社、戸建てを売却しようとしているなら戸建ての売却に実績がある会社、なおかつ担当者との相性が合う方を選ぶことが成功の第一歩となります。

そのためには、面倒でも、数多くの不動産会社の担当者とお会いし、自分に合う人かどうか、会社としてどういった手段でマンションを売ろうと考えているのか等確認する必要があります。
まずは、1社1社に連絡していては、時間が足りませんので、不動産一括査定サイトを利用するようにしましょう。

マンションを高く売却する注意3

契約は専任媒介契約にするべし

中古マンションの売却を依頼するには、その不動産会社と売却委託契約を締結することになります。これは、聞いたことがあるかもしれませんが、「一般媒介契約」と「専任媒介契約」という大きく分けて2つの契約方法があります。

私の不動産の売却をあなたの会社に依頼しますという契約で、「一般媒介契約」と「専任媒介契約」のどちらかを選択して不動産会社と契約を結ぶ必要があります。

「一般媒介契約」は、複数の不動産会社と契約でき、複数の不動産会社があなたの不動産を売却するお手伝いをしてくれる契約方法です。

「専任媒介契約」は、依頼した1社のみとの契約で、他社には売却のお願いはできません。

つまり、一括査定で数社に査定金額や営業手法などを聞いた後に、気に入った数社と契約を結ぶのか、1社に全てをお任せするのか決める必要があるということです。

どちらがいいのか??
結論から言えば、私は、「専任媒介契約」の方がいいと思います。

なぜか??

確かに、「一般媒介契約」の方が複数の会社に頼むので、多くの買い手に情報が伝わりやすく、早く売れるかもしれないという考えもあります。
また、ネット上では、当然のように契約は、「一般媒介契約」にしましょう!と記載されていることが多いのです。

ですが、私は、絶対に「専任媒介契約」を押したいと思います!!
今から私の経験上、絶対に「専任媒介契約」の方がいいと思う理由をお話しますね。
結構、説得力があると思いますよ!!

専任媒介契約がいい理由

マンション高く売る注意点・コツ
まずは、不動産会社の収入になる仲介手数料について、知っておく必要があります。
仲介手数料とは、不動産会社が、買い手を連れてきて、その買い手がその不動産なり中古マンションを購入してくれたときにのみ発生する、売却価格の○○%に相当する手間賃のことをいいます。

つまり、不動産会社にとっては、自分たちが連れてきた顧客(書い手)がその不動産を購入しなければ、一切の収入も発生しません。これを覚えておいて下さい!!

さて、不動産会社が不動産を売却する際、どのようにして売るのかというと、自社ホームページに不動産の物件情報を掲載する、他社サイト(スーモなど)に情報を掲載すること、その他にも新聞広告のビラをだしたり、休みの日にオープンハウスなども行ったりして周知していますよね。
でも、これらには、自社ホームページへの掲載以外は、すべてお金がかかっています。もちろん、担当者の給料にもお金がかかります。

ここで、先程の話を思い出していただきたいのですが、「一般媒介契約」の場合、他社にもその不動産を売却しようとしていますから、ライバルの不動産会社が多いほど、自分たちが、買い手を連れてきて、その買い手がその不動産を購入してくれる可能性が低くなるのです。
つまり、積極的にお金をかけて宣伝をしても、他社に買い手を奪われれば、そのかけてきた経費は、すべて無駄になるということなんです。完全に赤字です。

そういう状況を知れば、もし、「一般媒介契約」の不動産があった場合、積極的に宣伝できるででしょうか?
お金がかかる新聞広告を積極的に行いますか?
人件費のかかる、オープンハウスを何度も行おうと思いますか?

そういうことなんです。
だから、「一般媒介契約」の場合は、不動産会社のスタンスとしては、心には留めてあるけど、「専任媒介契約」のお客様よりも一生懸命にならない。

「専任媒介契約」の不動産をメインに売りたい!という気持ちに絶対になってしまうのです。

確実に仲介手数料をもらえる不動産に熱を入れるし、自分たちを選んでくれた不動産オーナーのためにも、できるだけ早く高値で売却をさせてあげたい!となるのが、当然の流れなのです。

私の場合は、2度目のマンション売却時は、「専任媒介契約」にしたのですが、新聞広告やポスティング、オープンルームなど結構お金をかけて宣伝してくれました。
1度目のときは、「一般媒介契約」にしたこともあって、なかなか売却できず、それぞれの不動産会社が好き勝手なことをいろいろとアドバイスするので、どうしていいかわからず、結局は、一番信用できると思う方の意見を信じて、売却価格の変更などを行っていました。

つまり、最初から「専任媒介契約」にしておけばよかった!と思ったわけです。

加えて、実は、この後にお話しするのですが、「専任媒介契約」にすることによって仲介手数料の減額(30%引き)もしていただき、絶対に「専任媒介契約」がいいい!!という結論に至りました。

今は、「スーモ」などのインターネット媒体に物件をアップしてもらえれば、広く買い手の目には止まります。だから、「一般媒介契約」だろうと「専任媒介契約」だろうと、自分の不動産が売りに出されていることを広く周知するという目的は、どちらでもいいと思います。

そうであれば、一生懸命頑張ってくれる会社に任せたい、というのが私の考えです。

マンションを高く売却する注意4

仲介手数料の引下げ提案を!

自分の不動産を市場の感覚よりも高値で売ることはなかなか難しいと思います。買い手が、その地域の駅近の好条件を魅力に感じてくれて、即高値で購入という流れはあることはあるそうですが、毎回毎回そうはなりません。

でも、売却時の手取り額を増やす方法はあります。
不動産を高値で売れなくても、費用を抑えることができれば、高値で売ったことと同様の価値がありますね。

それは、先ほども少しお話ししましたが、不動産会社に支払う仲介手数料を減らしてもらうことです。
もちろん、不動産会社も広告出したりと経費がかかっています。ただ、ある程度の金額になる不動産(マンション)であれば、専任媒介契約とセットで仲介手数料の減額を飲んでくれることは十分にありえます。

ただし、この条件を飲んでもらうためには、しっかりとした戦略が必要です。
それは、「今、私は、自分の不動産を売るために数社の不動産会社に一括査定をしてもらっています。その数社の中から気に入ったところと契約をするつもりです・・・」ということです。

不動産会社が、この不動産は、早く高く売れる可能性がある!!と判断すれば、他の不動産会社にはとられないように「仲介手数料の値引き」というキラーパスをあなたに送ってくれることがよくあります。
私の時も、一括査定で来て頂いた6社の中で、仲介手数料から30%引きという提案を2社、20%引きという提案を1社から受けました。

一括査定をして競合しているということが担当者に伝われば、案外不動産会社の方から仲介手数料の減額の提案をしてくれたりします。
手元によく多くの資金を確保するという観点では、「仲介手数料の減額」は、とても魅力的です!!!

マンションを高く売却する注意5

先に引っ越してしまおう!!

マンション高く売る注意点・コツ
これは、実際に売ろうと思うと身にしみてわかるのですが、たくさんの内覧希望者がいらっしゃいます。
売るためには、絶対に内覧が必要ですから、喜ばしいことではあります。

少々面倒なのですが、自分が中古の不動産を買おうと思ったら、絶対中をみたいですよね。
眺望、部屋の雰囲気、太陽の入り具合、その他諸々、見ないで決めるとしたら、不動産投資目的の中国人くらいです。

でも、不動産投資だとしても、やっぱり軽めでいいので、部屋の中はみたいものです。

話はずれましたが、実際に内覧の方が家を見に来ますから、キッチンやクローゼット、お風呂などを綺麗にしておくことが求められます。
女性にとっては、キッチンなどを見られるのは結構ストレスになります。内覧希望の直前にある程度掃除をしておかないといけません。

その内覧者の印象がそのまま売却価格に繋がるのですから、「ま、いいか!」とはせずに、綺麗に見えるように努力はしたいものです。

また、内覧希望というのは、突然入ったりします。「今から急に見たいというお客さんがいます!」と電話をいただいたのが、夜6時。ご飯どきです。
あるいは、「明日の朝8時に内覧希望の方がいらっしゃいます!」と夜の8時頃に連絡が来ることも結構ありました。

どうですか?
結構嫌じゃないですか!!?

もちろん、内覧の時間に不動産会社に任せて、外に出ていることも可能です。

ほとんどの内覧希望の方は、特にオーナーに質問されません。
たまに、不動産会社に聞くよりも、直接住んでいる人に聞きたい!といってご質問される方もいましたが、珍しいと思います。

なので、思い切って内覧希望があった場合は、外に出てしまうというのもアリですね!

そんなこともあり、日々落ち着かないので、私の場合は、先に引っ越してしまいました。
そうすると、急な内覧希望者も不動産会社が対応してくれますし、かなり楽になった記憶があります。

また、買い手側も現在の持ち主の家具などがある部屋よりも、何もない部屋の方が自分が住むイメージを持ちやすいそうです。

我が家も、家を引っ越してからすぐに買い手が見つかって無事売却が完了しましたから、不動産の売却資金を元手に新しい家を買うとか、そういう事情もあるでしょうが、可能なら、先に引っ越してしまうのも一案です。

思い返すと、こんなエピソードがありました。
私は、マンションを売却したのですが、同じマンションの同じ間取りで1階下の部屋も売りに出されていました。

私よりかなり前に売りに出されていましたが、ご本人がまだ家に住んでいらっしゃるということもあるのか、なかなか売れませんでした。
そして、私が最後に売却の金額を振り込んでもらった当日、不動産会社の担当者の方との雑談の中で、「まだ売れていない・・・」ということを聞かされました。

引っ越さないと売れないということは、もちろん無いのですが、何も無い部屋のほうが買う方も住んでいるイメージが付きやすいのかもしれませんね。

マンションを高く売却する注意6

オープンハウスは利用すべき!

マンション高く売る注意点・コツ
意外な話だったのですが、不動産会社の担当者に聞いた話では、不動産・マンションは、近隣の方が買われるケースは珍しくないそうです。

前から気に入っていたマンションに売りの広告が入っていたから、購入した!とか、いつもいいなーと思っていたマンションにオープンハウスの看板があって内覧し、やっぱり気に入ったから購入したとか。
結構な割合でそういう購入者はいるそうです。

なんとなく、遠くの人がネットでチェックして、購入されることが多いと思っていたので、とても意外な事実でした。

ですから、「オープンルームなんてやってもあまり意味がない!」と思わず、やってみることをお勧めします。
もちろん、一日中、誰かが入ってくるのはストレスになりますから、まだ引っ越してない場合も、オープンハウスの日は、鍵を不動産会社に預けて外出してしまいましょうね!

このオープンハウスですが、不動産会社によっては、「全く効果がないので、うちではやりません!!(キッパリ)」という方もいます。ですから、最初に不動産会社の担当者にあった時に、どういった営業手法をとるのかを確認しておきましょう。

私のときも、某大手不動産会社の担当者の方は、最初の一括査定の時の面談時に、オープンハウスは、ほとんど意味がありません。ポスティングのチラシも全然意味がありません。
そう言い切っていました。

あとでわかったことですが、オープンハウスもポスティングのチラシも費用がかかることなので、不動産会社はやりたがらない!というだけのことでした。
ネットに掲載して、それを見た人に売る!それが、一番なんの費用もかからない方法ですもんね。

そうすれば、自分たちの手取り額も余計な出費がない方が多くなるのです。

これは、仲良くなった不動産会社の担当者の方から聞いたお話なので間違いありません。

マンションを高く売却する注意7

部屋はできるだけ綺麗に!

マンション高く売る注意点・コツ
「今は、あまりお金がないから、故障しているところは、このマンションが売れたら直します!ではなくて極力綺麗に見える努力をしましょう。
買い手の気持ちになればわかりますが、部屋が汚い!とか入った瞬間、ここはないな!となってしまいます。

いくら、マンションの立地など外部環境は良くても、部屋が汚いだけで購入意欲が萎えてしまうんですよね!
ですから、頑張って出来る限り綺麗な状態で見てもらうようにしましょう。

そういう意味もあって、先に引越し先に引っ越してしまうというのは、いいアイディアだったりします。

マンションを高く売却する注意8

すべてのチャンスを無駄にしない!

マンション高く売る注意点・コツ
最後は、売り手の心構えについてです。

中古マンション/中古戸建ての売却は、それほど簡単なものではありません。
やはり土地やマンションって金額が他のどのもの(高級外車、高級ブランドばバック)よりも高いものですし、高いけれど、新築と比較すればどうしたって綺麗な新築の方がいいと思ってしまうのが人だからです。
ですから、やはりよっぽど条件がいいものじゃないと、中古のマンションって売れずらいんです。

難しいからこそ、内覧のチャンスを確実に生かして欲しいと思っています。不動産を購入するにあたって、内覧をしない購入者は皆無でしょう。
内覧希望者の数が増えれば、自ずと売れる日は近いことも意味しています。あとは、価格の問題だったりします。

ただ、前にもお話ししましたが、内覧希望は突然やってきます。
夜の20時の内覧希望だったり、朝の7時半の内覧希望だったり、様々です。

不動産会社は早く売りたいですから、内覧希望があれば、すべて対応したいと思っています。でも、売り手がNGを出せば、そのチャンスはなくなります。

私も売り始めの頃は、内覧希望の方は、興味があるのだから、この日を断れば、違う日に見に来てくれるだろう!と思っていました。
でも、実際は、一度断られた内覧希望者は2度と内覧希望を言ってきませんでした。

チャンスはとても多いけど、与えられたチャンス(内覧希望)はすべて生かさないと、どんどん売却の日は遠のいてしまいます。

ぜひ、すべてのチャンスを生かす!という気持ちで不動産売却に取り組んでいただければと思っております。

まとめ:マンション高値売却に向けた手続き一覧

第0段階

心構えとして、すべてのチャンスをものにする気持ちが必要マンションを高く売却するコツ8

第1段階

不動産一括査定サイトで査定依頼マンションを高く売却するコツ1
複数の不動産会社と直接お会いし、査定金額、営業方針、売却実績、自分と相性の合う人かどうかを総合的に検討する
契約は、査定価格の高低で決めないマンションを高く売却するコツ2

第2段階

契約は、専任媒介契約で契約マンションを高く売却するコツ3
ダメもとで仲介手数料の減額を確認マンションを高く売却するコツ4

第3段階

可能なら引っ越してしまおうマンションを高く売却するコツ5
オープンハウスは行っておこうマンションを高く売却するコツ6
部屋は掃除をしてできるだけ綺麗にしておこうマンションを高く売却するコツ7

【管理人も利用】ここでマンション売却の一括査定をしました!

マンション高く売る注意点・コツ

HOME4Uは、簡単1分の入力で全国の不動産会社から一括で査定を行ってくれます。

もちろん、費用は無料!厳選された優良企業のみが参加しているので安心です。

マンション高く売る注意点・コツHOME4U公式サイトはこちら

シェアする